トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    車検が残り1年以下の場合にはいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、売却予定になってから車検を行っても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格にプラスされることはありませんから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    売ろうと考えている車の査定相場が幾らくらいかを知りたくなったら、インターネットを通して車の一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、自動車メーカーのHP上で参考となる見積金額を知ることもできます。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKで車の年式や車種だけの基本情報だけで検索可能なサイトもありますから、無料の中古車一括査定サイトを使ったときのように一斉に電話攻勢が始まる危険性はないでしょう。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう少々の傷やへこみ等は、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、あまり神経質になることはありません。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや充分に分かる程度のへこみ、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、減額されるのが嫌だからと言ってたとえ自分で修理しても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、先方からこちらへ出張してもらうという方法も選ぶことができます。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が出張査定は無料としています。

    ですから同じ日に何社かに来てもらい、各社同時に査定ということもできないわけではありません。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、高値で売却できるメリットがあります。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために気をつけなければいけないことがあります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書はサイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金額に関する文言はかなり注意して読まなければいけません。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上で契約書を交わすようにしましょう。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    どうしても車が必要であれば、訪問査定等を申し込む際に代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    代車ありを謳っている業者でも店によっては代車がないこともありますから、早いうちから確認しておくことが大事です。

    中古自動車を売る場合には、業者に買い取ってもらうのが一般的ですが、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    売買の間に業者が介入しない分だけ、双方が得するように売ったり買ったりできるのです。

    でも、契約に関する手続きなどは全部個人間で執り行いますから大変煩雑ですし、お金の支払いに関するトラブルが多くなる可能性が高いです。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにすると後からトラブルにならなくて済むようになるでしょう。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    市場で需要がアップするときには同時に買取の相場も高くなります。

    しかしながら、車の売却を決めた時期がこれらの時期とかけ離れているときには、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    自動車のオーナーというものは、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、自動車保険代もかかります。

    ましてや、駐車スペースがなければ、駐車場料金も上乗せされるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかという見方で考えてみれば、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。