トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    車買取コラム

    オンラインで簡単に申し込める中古車の無料一括査定サイトを利用すると、買取希望の車の査定相場の概算を知ることができますから利用価値が高いです。

    ネット環境が整っていれば端末は何でも良いので、休憩時間など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    しかし、注意しなければいけない点は、査定申し込みをした多くの店舗から電話攻勢が一斉に来るようになるため、嫌な場合には連絡手段にメールを選べるところを活用すれば良いのです。

    一般的に買取業者が中古車を見積もるときに見る点と言ったら、大きく分けると車の色や車種などの基本的な事項、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。

    たくさんの会社で査定してもらったとしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買取をお願いする事ができますので、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    ウェブの中古車売却見積りサービスを使うと、さまざまな業者から電話がかかってきます。

    見積り金額には幅があるから、現状確認をするためにお宅へ伺ってもよろしいでしょうかと、言葉こそ違えど内容は同じです。

    そういった中には断っても幾度となく電話してくるタイプの業者もいるので、迷惑だと思ったら嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのがコツです。

    品物がないので諦めがつくのでしょう。

    もしくは初めから連絡はメールだけの一括査定サービスを利用するのも手です。

    中古車売却一括査定サイトは、たった一度の入力で複数の会社から見積もりをとることができるので、うまく使うと本当に便利なものですが、ひとつだけ面倒な点というと、複数の業者から電話連絡がひっきりなしにかかってくるという点があります。

    勤務先の電話番号や業務の連絡にも使っている携帯電話などで登録したりすると、何かと不自由なことになりますから、よく考えて登録しましょう。

    食事中や仕事中だといっても電話を切ってくれない迷惑な営業マンには、もう他社と売買契約をしたと言うと諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して市場の相場を把握しています。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    残っている期間によっても異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    「車検切れ」である車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいでは査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて車を手放す直前に車検を通しておくことは無意味といって良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    改造車は車検が通りませんが、このような改造車でも買取りしてもらうことはできます。

    しかしながら、一般的な中古車買取業者では必ずしも買取可能だとは言い切れませんし、査定が高く評価されないケースがあることを知っておきましょう。

    もしも改造した車を売りたいのならば改造車に造詣が深くて、ちゃんと販売ルートも持っている専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。

    自動車の程度にもよりますが、通常の中古車買取店では提示されないようなプラス査定になることもままあります。