トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車査定において、へこみやキズがある車は低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、その修理に要した経費より多く見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    ネットを利用してオンラインの中古車無料一括査定をしたいと思っているが、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には匿名でも可能なサイトを使うという手があります。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、売却する際には、必ず個人情報の記載を求められます。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、契約を結んだ相手の住所や名前などを記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    査定士や営業マンの話す内容を全部信用しきってしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    実際の査定の前に適正な査定金額が幾らぐらいになるかを調査しておき、下調べした金額よりも安く言われたときに交渉するつもりでいると従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで競争を促し、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    その一方、下取りはというと、どことも競う必要がないため、競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    どちらも一長一短ですが、下取りでは査定料をとられることが多いので、両方試すなら無料の買取査定が先でしょう。

    見積りの結果に納得して車を売却しようという段階になったら売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから注意してください。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    業者の無料査定を経験した人ほどしばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかしっかり確認しておきましょう。

    無償ではないことがわかれば、そこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    近頃販売されている車ははじめからカーナビシステムがついているのがほとんどと言えるでしょう。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていても査定額アップがそれ程期待できなくなったのです。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、見積もりをしてもらう前にあらかじめ外してカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。

    場合によるのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。

    一個人が持っている車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    使用目的がレジャー等でも使うということになると、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税理士に相談するなどして対応してください。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明はいりません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、トライするのも結構ですね。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、車の売買契約書を持って行きましょう。