トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    車買取コラム

    原則的に、車査定において持っていなければならない国家資格はありませんが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと資格取得が叶わないので、中古自動車査定士の資格がある人は、定められたレベル以上の査定が出来ることを証明してくれるはずです。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、気にしすぎる心配はないでしょう。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり充分に分かる程度のへこみ、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、それを回避するために個人で直したとしてもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    特段、中古車買取に限ったことではありませんが、どんなことにでも同じ事が言えると思いますが、ネガティブなレビューは存在します。

    一個や二個の悪い否定的な意見が見つかっても、それらの悪い口コミにだけ左右されると結局のところ何も申し込めない事態に陥ります。

    皆の口コミは参考程度にして、まずは一歩を踏み出して無料査定を申し込んでみて、その瞬間に自分が持った印象を判断材料にしていくことが最良の方法となるに違いないのです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、中古車を査定する際に業者が提示した価格にも期限が設定されています。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、見積りを出してくれた担当者に有効期限を確かめておいたほうが良いでしょう。

    日数は多くても2週間以内が設定されていると思いますが、ボーナス商戦や決算の時期などに当たるとさらに短くなることがほとんどです。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車業界では減点査定の対象となります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そしてさらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    ただ、車が全く売れないということではないので安心してください。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使えるパーツ単位で計算してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

    多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら低い買取り価格になるようです。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、高値になる傾向があります。

    売却予定の車の現物査定は、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、訪問査定は金額的に良い結果が出やすいので売る側にとってはありがたいサービスといえるでしょう。

    休日に買取店を車で回るとしたらせいぜい3店位ですが、出張だと一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、各社とも最大限の見積額を出してきますし、そのおかげで高値売却が見込めるのです。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで買取業者による現物査定が行われ、最終的な買取額が算定されます。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、査定時にプラス評価が付きます。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検切れまで残り半年くらいになると見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車検が終了した直後に車を手放す必要性は低いのです。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。