トップページ > 北海道

    このページでは北海道で故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高額買取してくれる北海道の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    故障車を高く買い取ってもらうために必要なことは「北海道にある何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は明らかに損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。北海道にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、故障車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、故障車や事故車、廃車を専門に買い取っている中古車買取業者。
    車のパーツとしての再利用、資源としての再利用をすることができますし、海外への輸出販売の直販ルートを持っている為、多くの中古車買取業者や近くにあるディーラーで「この車は買取不可ですね。処分するなら廃車の手続き費用がかかります。」と買取拒否をされてしまった故障車でも買取査定ができます。

    その他にも、多くの車買取専門店では好まれない10年落ちの古い中古車や走行距離が10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出販売することができるので買取してもらえます。

    もちろん、北海道対応で利用は無料。エンジンブローで壊れている故障車のレッカー代も無料です。

    「故障している車でも買い取ってくれる業者があるなら…」と思っているなら故障車の買取査定を申し込んでみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車や事故車を専門にしている買取業者。
    「故障して動かない車を買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で廃車にするしかないと思っていた故障車でも買取金額が付くの?」と思っているなら、故障車の買取査定をお願いしてみてください。

    家の近くのディーラーで「値段が付かないので廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取専門店に査定をお願いしても「ゼロ円です」と言われてしまったような故障車でも、廃車ひきとり110番であれば自動車リサイクル事業を行っているので、ほとんどの廃車や故障車に買取金額が付きます。

    北海道にも対応していてレッカー代も無料ですので、故障して廃車を検討している車があるなら一度査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没で動かなくなってしまった車や不動車、エアコン故障車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社である株式会社カービューが運営している事故車買取の一括査定サイト。
    「故障して動かないからう廃車にしないとダメか…」とか「車が水没して故障してしまった…」というような廃車寸前の故障車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社以上、全国にネットワークがあるので北海道にも対応していますし、最大で8社に故障車の査定依頼が可能です。
    故障車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、いくつもの故障車買取の専門店が提示してくれた査定額を比較することができます。

    1社のみに依頼するのではなく、複数社から相見積もりを取ることで故障車を最高額で売ることができますので、無料の一括査定を申し込んでみることをおすすめします。既に400万人以上が利用している実績のあるサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社に故障車の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、北海道対応で利用は無料。

    「故障車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は外車のみで1500台。北海道に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、外車の故障車なら他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、外車の故障車なら最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いくつかの買取専門店に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。






    車買取コラム

    さまざまな種類の中古商品の売却の際にいえることでしょうが、中古商品の査定相場は毎日アップダウンします。

    一例を挙げれば、オープンカーがありますが、これは夏によく売れるなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性が絞られてしまうことも出てくるのです。

    一方、車種にかかわらず言えることというと、初年度登録日からの日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方がきっと高く売れるに違いないのです。

    車体に凹みやキズがある中古車は査定額が下がるのが普通です。

    でも、それを避けようとして前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    査定前に個人で修理しても、自分で修理するのにかかった費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    車を自分で直そうと考えるより、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を低く抑えることができるからです。

    大きな中古車買取店のほとんどが、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    キャンペーンのほとんどは車売却の際にプレゼントされることが可能ですが、ただで車の見積もりを行うだけで貰えるキャンペーンもあるのです。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施すると一定のポイントが貰えるなどです。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したらぜひ査定してみるとお得ですね。

    買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

    しかし車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。

    同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると本来確認すべきことが疎かになってしまうため、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをしっかり確認しておきましょう。

    査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    年間走行距離数はだいたい1万キロというのが相場です。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、5万を境にどんどん査定は減点されていき、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車はタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方はおおまかに言って二つに分けられます。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、足(車)がなくて不自由することはありませんが、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら買値は安くなりがちです。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に高値になる傾向があります。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。

    売却は可能ですが、車検切れだと言うことは道路を走って移動させることは禁止ですから、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。

    一般的な車以外にも車検切れの車も扱っている業者ならば、無料で車を引き取ってくれる店舗が主でしょう。

    補足すると、査定に出す前に車検を通すことは得策とはいえません。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方が実際には高くなってしまい、その割には査定金額にさほど反映されないため損をすることになるでしょう。

    いわゆる事故車だとか走行距離のメーターが10万kmを超えている車は、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。

    そしてもうひとつは、ワケありの車を専門にしている業者に打診する方法もあります。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、後悔がない方を選びたいものです。

    仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、お金をどうするかなどの契約事が曖昧になりやすいです。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    例えいくら親密な関係の友達であったとしても、名義変更や支払いの期日、いくらで売るのかなど、大切な項目だけでも書き残しておくと良いでしょう。

    きちんと念書を作るのを嫌がる人では、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。