トップページ > 北海道

    このページでは北海道で故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高額買取してくれる北海道の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    故障車を高く買い取ってもらうために必要なことは「北海道にある何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は明らかに損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。北海道にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、故障車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、故障車や事故車、廃車を専門に買い取っている中古車買取業者。
    車のパーツとしての再利用、資源としての再利用をすることができますし、海外への輸出販売の直販ルートを持っている為、多くの中古車買取業者や近くにあるディーラーで「この車は買取不可ですね。処分するなら廃車の手続き費用がかかります。」と買取拒否をされてしまった故障車でも買取査定ができます。

    その他にも、多くの車買取専門店では好まれない10年落ちの古い中古車や走行距離が10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出販売することができるので買取してもらえます。

    もちろん、北海道対応で利用は無料。エンジンブローで壊れている故障車のレッカー代も無料です。

    「故障している車でも買い取ってくれる業者があるなら…」と思っているなら故障車の買取査定を申し込んでみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車や事故車を専門にしている買取業者。
    「故障して動かない車を買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で廃車にするしかないと思っていた故障車でも買取金額が付くの?」と思っているなら、故障車の買取査定をお願いしてみてください。

    家の近くのディーラーで「値段が付かないので廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取専門店に査定をお願いしても「ゼロ円です」と言われてしまったような故障車でも、廃車ひきとり110番であれば自動車リサイクル事業を行っているので、ほとんどの廃車や故障車に買取金額が付きます。

    北海道にも対応していてレッカー代も無料ですので、故障して廃車を検討している車があるなら一度査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没で動かなくなってしまった車や不動車、エアコン故障車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社である株式会社カービューが運営している事故車買取の一括査定サイト。
    「故障して動かないからう廃車にしないとダメか…」とか「車が水没して故障してしまった…」というような廃車寸前の故障車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社以上、全国にネットワークがあるので北海道にも対応していますし、最大で8社に故障車の査定依頼が可能です。
    故障車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、いくつもの故障車買取の専門店が提示してくれた査定額を比較することができます。

    1社のみに依頼するのではなく、複数社から相見積もりを取ることで故障車を最高額で売ることができますので、無料の一括査定を申し込んでみることをおすすめします。既に400万人以上が利用している実績のあるサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社に故障車の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、北海道対応で利用は無料。

    「故障車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は外車のみで1500台。北海道に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、外車の故障車なら他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、外車の故障車なら最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いくつかの買取専門店に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。






    車買取コラム

    車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、軽自動車専門だったり、事故車や輸入車など、あるジャンル限定の車販売が得意だったり、または専門的に行っているところがあります。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、やっぱり軽の販売専門の業者の方が多分買取額が高くなるはずです。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、他の業者よりもちょっと高い金額を表示してくるので、なんとなく分かります。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。

    しかしながら、査定した車を売却するとなると名義変更が必要ですから、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの複数の証明書類が入り用です。

    引越や結婚などで車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、査定額が付かないと言われることがあります。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    何社か買い取りを依頼してもどこでも0円査定だったとしても、廃車専門店へ買取をお願いする事ができますので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    車を査定して欲しいからといって、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、足元を見られることもあり得ます。

    考えられる利点というと、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。

    10対0で先方に過失があって追突され、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから値段がつかないこともあります。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としては何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所に相談する以外、手はありません。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に1万キロ前後と想定されています。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といって査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから買取業者による現物査定が行われ、車の状態に応じた査定額が決まります。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなケースが散見します。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理自分で補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスして汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    それとは逆に、これら以外の色では、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。