トップページ > 東京都

    このページでは東京都で故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高額買取してくれる東京都の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    故障車を高く買い取ってもらうために必要なことは「東京都にある何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は明らかに損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。東京都にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、故障車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、故障車や事故車、廃車を専門に買い取っている中古車買取業者。
    車のパーツとしての再利用、資源としての再利用をすることができますし、海外への輸出販売の直販ルートを持っている為、多くの中古車買取業者や近くにあるディーラーで「この車は買取不可ですね。処分するなら廃車の手続き費用がかかります。」と買取拒否をされてしまった故障車でも買取査定ができます。

    その他にも、多くの車買取専門店では好まれない10年落ちの古い中古車や走行距離が10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出販売することができるので買取してもらえます。

    もちろん、東京都対応で利用は無料。エンジンブローで壊れている故障車のレッカー代も無料です。

    「故障している車でも買い取ってくれる業者があるなら…」と思っているなら故障車の買取査定を申し込んでみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車や事故車を専門にしている買取業者。
    「故障して動かない車を買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で廃車にするしかないと思っていた故障車でも買取金額が付くの?」と思っているなら、故障車の買取査定をお願いしてみてください。

    家の近くのディーラーで「値段が付かないので廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取専門店に査定をお願いしても「ゼロ円です」と言われてしまったような故障車でも、廃車ひきとり110番であれば自動車リサイクル事業を行っているので、ほとんどの廃車や故障車に買取金額が付きます。

    東京都にも対応していてレッカー代も無料ですので、故障して廃車を検討している車があるなら一度査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没で動かなくなってしまった車や不動車、エアコン故障車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社である株式会社カービューが運営している事故車買取の一括査定サイト。
    「故障して動かないからう廃車にしないとダメか…」とか「車が水没して故障してしまった…」というような廃車寸前の故障車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社以上、全国にネットワークがあるので東京都にも対応していますし、最大で8社に故障車の査定依頼が可能です。
    故障車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、いくつもの故障車買取の専門店が提示してくれた査定額を比較することができます。

    1社のみに依頼するのではなく、複数社から相見積もりを取ることで故障車を最高額で売ることができますので、無料の一括査定を申し込んでみることをおすすめします。既に400万人以上が利用している実績のあるサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社に故障車の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、東京都対応で利用は無料。

    「故障車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は外車のみで1500台。東京都に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、外車の故障車なら他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、外車の故障車なら最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いくつかの買取専門店に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。






    車買取コラム

    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

    買取販売店の従業員のセールストークを全部信用しきってしまうと、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額が何円相当かしっかりと調査しておいて、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら自分の方から駆け引きするつもりでいると饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    一般的に買取業者が中古車を見積もるときに見る点と言ったら、大雑把に分類すると車の色や車種などの基本的な事項、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車の内部の臭いや汚れの有無、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    以上のような項目に該当するものがあればマイナス査定していき、査定が高くなる場合には、新型のカーオーディオやカーナビシステムが搭載されているケースなどです。

    以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    最近のことですが、中古自動車販売の最大手で通常のユーザー向けの中古車査定アプリを売りに出していますが、査定支援アプリの業務用バージョンもあるのです。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。

    専用の機械とプロ用に開発されたアプリケーションを一緒に使えば、目の前にある査定対象の車の過去において修理したことがあったかどうかが一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと中古車業界では減点査定の対象となります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    10万を超えると過走行車となり、価格がつかないこともあります。

    けれどもそれで諦めろといったことではないので安心してください。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、使えるパーツ単位で計算してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    自分自身で車を運転して、中古車の買取りを行っている店に行って直接査定してもらおうと思っているなら、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ突然の持ち込みでも対応してくれます。

    ただ、持ち込みということになると基準となる相場もわからないまま価格交渉に臨むことになります。

    従って市場相場を下回る値段で売却するなどという可能性も否めません。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうがより高い額で売却することができます。

    いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、あらかじめ洗車しておいたところで、それが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

    所有者がする程度の掃除なら、買い取ったあとで業者がしても変わらないという考えが背景にあるのでしょう。

    といっても、利点がないわけではありません。

    査定時に車がきれいだと、気持ち良く値付けが出来ます。

    チェック項目に沿った査定とはいえ評価を入力するのは人ですし、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入しても費用ほどには査定アップしませんから、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、買取査定に出す前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定時に減点されてしまう可能性が高いのです。

    自動車を売り払った後になって、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を通達されることがたまにあります。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売却側が責任を取る必要がありますが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば非難される覚えはないのです。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、自動車の売買は個人同士でした方が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    前者に関しては双方で決めた期日までにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして二回目以降は支払いが滞ることがないように、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。