トップページ > 沖縄県

    このページでは沖縄県で故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高額買取してくれる沖縄県の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    故障車を高く買い取ってもらうために必要なことは「沖縄県にある何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は明らかに損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。沖縄県にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、故障車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、故障車や事故車、廃車を専門に買い取っている中古車買取業者。
    車のパーツとしての再利用、資源としての再利用をすることができますし、海外への輸出販売の直販ルートを持っている為、多くの中古車買取業者や近くにあるディーラーで「この車は買取不可ですね。処分するなら廃車の手続き費用がかかります。」と買取拒否をされてしまった故障車でも買取査定ができます。

    その他にも、多くの車買取専門店では好まれない10年落ちの古い中古車や走行距離が10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出販売することができるので買取してもらえます。

    もちろん、沖縄県対応で利用は無料。エンジンブローで壊れている故障車のレッカー代も無料です。

    「故障している車でも買い取ってくれる業者があるなら…」と思っているなら故障車の買取査定を申し込んでみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車や事故車を専門にしている買取業者。
    「故障して動かない車を買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で廃車にするしかないと思っていた故障車でも買取金額が付くの?」と思っているなら、故障車の買取査定をお願いしてみてください。

    家の近くのディーラーで「値段が付かないので廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取専門店に査定をお願いしても「ゼロ円です」と言われてしまったような故障車でも、廃車ひきとり110番であれば自動車リサイクル事業を行っているので、ほとんどの廃車や故障車に買取金額が付きます。

    沖縄県にも対応していてレッカー代も無料ですので、故障して廃車を検討している車があるなら一度査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没で動かなくなってしまった車や不動車、エアコン故障車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社である株式会社カービューが運営している事故車買取の一括査定サイト。
    「故障して動かないからう廃車にしないとダメか…」とか「車が水没して故障してしまった…」というような廃車寸前の故障車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社以上、全国にネットワークがあるので沖縄県にも対応していますし、最大で8社に故障車の査定依頼が可能です。
    故障車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、いくつもの故障車買取の専門店が提示してくれた査定額を比較することができます。

    1社のみに依頼するのではなく、複数社から相見積もりを取ることで故障車を最高額で売ることができますので、無料の一括査定を申し込んでみることをおすすめします。既に400万人以上が利用している実績のあるサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社に故障車の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、沖縄県対応で利用は無料。

    「故障車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は外車のみで1500台。沖縄県に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、外車の故障車なら他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、外車の故障車なら最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いくつかの買取専門店に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。






    車買取コラム

    売りに出す車を少しでも良いから高く買ってもらいたいのが皆の共通の願いでしょう。

    そんな時は、これから査定に出すぞというときに出来るだけ自分で掃除しておくことです。

    修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、ちょっと見ればすぐに分かってしまいます。

    ですが、車の悪臭や車内のシミ、汚れなどは幾らかは個人個人で対処することにより落としたり消したり出来るでしょう。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、臭いが残留していると低く査定されることが多いことを覚えておきましょう。

    普通にしていても勝手にできてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、あまり神経質になることはありません。

    例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや大きなへこみがあるケース、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、査定が低くなるのを避けるためにたとえ自分で修理してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何個か考えることができますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    査定額に納得して車を手放した後から、もう一度確認したら不備があったなどとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも訪問査定をしてくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、査定額が高くなりがちだと言われていますが、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、どちらが良いとは一概には言えません。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり約10000キロと見積もるのが一般的です。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて5万を境にどんどん査定は減点されていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いでゼロ円査定などという可能性もあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることも充分考えられるからです。

    下取りではなく中古車買取業者に車を売却する際は、一括査定サイトに見積りを申し込むと、登録している会社からどんどん電話がくるはずです。

    査定額を決めるには実際に車を見なければ無理だから、家にお伺いしたいという電話です。

    時には電話を再三かけてくる迷惑な担当者もいるみたいですから、目に余る場合は別の会社と契約してしまったと答えるのが賢い方法です。

    もしくは初めから連絡はメールだけの一括査定サービスを利用するのも手です。

    残っている期間によっても異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    「車検切れ」である車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいでは査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて車を手放す直前に車検を通しておくことは無意味といって良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    改造車は車検が通りませんが、このような改造車でも買取りしてもらうことはできます。

    しかしながら、一般的な中古車買取業者では必ずしも買取可能だとは言い切れませんし、査定が高く評価されないケースがあることを知っておきましょう。

    もしも改造した車を売りたいのならば改造車に造詣が深くて、ちゃんと販売ルートも持っている専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。

    自動車の程度にもよりますが、通常の中古車買取店では提示されないようなプラス査定になることもままあります。