トップページ > 神奈川県

    このページでは神奈川県で故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高額買取してくれる神奈川県の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    故障車を高く買い取ってもらうために必要なことは「神奈川県にある何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は明らかに損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。神奈川県にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、故障車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、故障車や事故車、廃車を専門に買い取っている中古車買取業者。
    車のパーツとしての再利用、資源としての再利用をすることができますし、海外への輸出販売の直販ルートを持っている為、多くの中古車買取業者や近くにあるディーラーで「この車は買取不可ですね。処分するなら廃車の手続き費用がかかります。」と買取拒否をされてしまった故障車でも買取査定ができます。

    その他にも、多くの車買取専門店では好まれない10年落ちの古い中古車や走行距離が10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出販売することができるので買取してもらえます。

    もちろん、神奈川県対応で利用は無料。エンジンブローで壊れている故障車のレッカー代も無料です。

    「故障している車でも買い取ってくれる業者があるなら…」と思っているなら故障車の買取査定を申し込んでみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車や事故車を専門にしている買取業者。
    「故障して動かない車を買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で廃車にするしかないと思っていた故障車でも買取金額が付くの?」と思っているなら、故障車の買取査定をお願いしてみてください。

    家の近くのディーラーで「値段が付かないので廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取専門店に査定をお願いしても「ゼロ円です」と言われてしまったような故障車でも、廃車ひきとり110番であれば自動車リサイクル事業を行っているので、ほとんどの廃車や故障車に買取金額が付きます。

    神奈川県にも対応していてレッカー代も無料ですので、故障して廃車を検討している車があるなら一度査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没で動かなくなってしまった車や不動車、エアコン故障車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社である株式会社カービューが運営している事故車買取の一括査定サイト。
    「故障して動かないからう廃車にしないとダメか…」とか「車が水没して故障してしまった…」というような廃車寸前の故障車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社以上、全国にネットワークがあるので神奈川県にも対応していますし、最大で8社に故障車の査定依頼が可能です。
    故障車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、いくつもの故障車買取の専門店が提示してくれた査定額を比較することができます。

    1社のみに依頼するのではなく、複数社から相見積もりを取ることで故障車を最高額で売ることができますので、無料の一括査定を申し込んでみることをおすすめします。既に400万人以上が利用している実績のあるサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社に故障車の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、神奈川県対応で利用は無料。

    「故障車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は外車のみで1500台。神奈川県に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、外車の故障車なら他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、外車の故障車なら最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いくつかの買取専門店に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。






    車買取コラム

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によりアップダウンするため、流行次第である特定の車体色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    ネットで簡単に見つかる中古車一括査定のページを使用すれば、売却予定の車の大体の査定相場が分かるので大変有益です。

    携帯やスマホから申し込むことができますから、バスでの移動時間などちょっとした空き時間で有益な情報が得られます。

    ただ一点言えることは、査定を依頼した複数の会社から電話での勧誘が一気に始まるので、電話連絡がストレスになるようならば、連絡手段にメールを選択できるサイトで登録するようにしましょう。

    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。

    販売店のスタッフの話をまるっきり信用してしまうのも考え物で、売買相場よりも買い叩かれることもあります。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額がどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら自分の方から駆け引きするつもりでいると饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり普通、10000kmが目安と言われます。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、5万を境にどんどん査定は減点されていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることも充分考えられるからです。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようとその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は法律上では告知義務違反に相当する大問題で、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

    そもそも契約書の規定にも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の相談が寄せられています。

    そして個人から業者への売却に関する事例は右肩上がりに増えています。

    例えば一括査定サービスを使ったところ、断っても執拗に営業電話が来て困っている、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    悪質な業者に当たったときなどは、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するようにしましょう。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意しなくてはなりません。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところは違うことを覚えておきましょう。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    近頃市場に出回っている自動車は標準装備でのカーナビゲーションシステムが多数派となってきました。

    カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば査定額アップが望めるでしょう。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、事前に外してしまってオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。

    車のローンを完済する前でも場合によっては車を売ることもできます。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、残りの債務を返済しつくすまでは所有者名を変更することはできません。

    要するに、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。