トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高額買取してくれる静岡県の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    故障車を高く買い取ってもらうために必要なことは「静岡県にある何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は明らかに損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。静岡県にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、故障車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、故障車や事故車、廃車を専門に買い取っている中古車買取業者。
    車のパーツとしての再利用、資源としての再利用をすることができますし、海外への輸出販売の直販ルートを持っている為、多くの中古車買取業者や近くにあるディーラーで「この車は買取不可ですね。処分するなら廃車の手続き費用がかかります。」と買取拒否をされてしまった故障車でも買取査定ができます。

    その他にも、多くの車買取専門店では好まれない10年落ちの古い中古車や走行距離が10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出販売することができるので買取してもらえます。

    もちろん、静岡県対応で利用は無料。エンジンブローで壊れている故障車のレッカー代も無料です。

    「故障している車でも買い取ってくれる業者があるなら…」と思っているなら故障車の買取査定を申し込んでみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車や事故車を専門にしている買取業者。
    「故障して動かない車を買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で廃車にするしかないと思っていた故障車でも買取金額が付くの?」と思っているなら、故障車の買取査定をお願いしてみてください。

    家の近くのディーラーで「値段が付かないので廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取専門店に査定をお願いしても「ゼロ円です」と言われてしまったような故障車でも、廃車ひきとり110番であれば自動車リサイクル事業を行っているので、ほとんどの廃車や故障車に買取金額が付きます。

    静岡県にも対応していてレッカー代も無料ですので、故障して廃車を検討している車があるなら一度査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没で動かなくなってしまった車や不動車、エアコン故障車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社である株式会社カービューが運営している事故車買取の一括査定サイト。
    「故障して動かないからう廃車にしないとダメか…」とか「車が水没して故障してしまった…」というような廃車寸前の故障車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社以上、全国にネットワークがあるので静岡県にも対応していますし、最大で8社に故障車の査定依頼が可能です。
    故障車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、いくつもの故障車買取の専門店が提示してくれた査定額を比較することができます。

    1社のみに依頼するのではなく、複数社から相見積もりを取ることで故障車を最高額で売ることができますので、無料の一括査定を申し込んでみることをおすすめします。既に400万人以上が利用している実績のあるサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社に故障車の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、静岡県対応で利用は無料。

    「故障車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は外車のみで1500台。静岡県に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、外車の故障車なら他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、外車の故障車なら最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いくつかの買取専門店に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。






    車買取コラム

    良くインターネット上で見かける中古車一括査定サイトを利用すれば、売っても良いと考えている車の査定相場の概算を知ることができますから利用価値が高いです。

    スマートフォンなどからでも利用可能ですので、バスでの移動時間など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    しかしながら、注意点があって、査定を依頼した複数の会社から電話攻勢が一斉に来るようになるため、電話攻勢が気になるならメールで連絡可能なサイトを活用すると良いですよ。

    普通にしていても勝手にできてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや大きなへこみがあるケース、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で費用を出して直したとしても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    出来るだけ自分の車を高値で売却する為に車の買取店と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、軽々しくこちらから希望する査定額を提示しないことです。

    前もって査定相場の金額を確認しているのならまだ良いのですが、相場を知っていないならば自分で相場よりも低めの価格を提示してしまうかもしれませんので、そのようなときには自分から損をしてしまいます。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、それだけでも深刻なのに、事故歴があるとして下取りでも買取査定でも、そうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    個人間で調整したとしても保険会社としては何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。

    いくら売却したいと思っていても、査定のために業者のところに直接、車で行こうというのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

    強いてその長所を挙げるとすれば、スピードです。

    買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、契約に必要な印鑑(実印。

    軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、トントン拍子で契約完了ということも考えられます。

    中古車市場における自分の車の価値が、たった数分の入力でわかる中古車一括査定サイトといえば、うまく使うと本当に便利なものですが、短所がないわけではなく、営業マンからの電話攻勢を挙げる人は多いのではないでしょうか。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと業務に影響を及ぼしかねないため、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

    相手の都合も考えずに何度も営業電話をかけてくる業者などには、ウソも方便で、もう売ってしまったと断ると効果があります。

    下手に理屈で理解してもらうより簡単です。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    当然ですが車検切れの車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければほぼ査定額に影響を与えません。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。

    愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入してもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、実際の見積もりに出す前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、マイナス査定になることが多いのです。

    車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

    初めにネットの一括査定サイトを活用して、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に買取業者による現物査定が行われ、買取金額の提示となります。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ満足な価格になったところで契約書を交わします。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと指定した口座に売却代金が振り込まれます。